意外に高い日本人の平均月収と平均貯蓄高に追いつく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もし、お客さんにとても感謝されながら、坪単価50万円以上の住宅の受注がカンタンにとれるとしたら・・・

私は1999年から不動産会社を経営している個人事業主です
独立当初は、主に裁判所の競売物件を落札し、それを転売して利益を得ていました。
最初はよく儲かったのですが、不動産競売のビジネスがテレビやマスコミで取り上げられるたびに、
参加する同業者が増え、飽和し、すぐに儲からなくなってしまいました。

そして、2002年ごろから、注文住宅をはじめるのですが、
まったくと言っていいほど経験がありませんから、お客を集めることも出来ませんし、
もちろん受注が取れるわけありません。

ただ、あまりにも受注が取れないので、なんとかせねばと思い必死にマーケティングやセールスを学びました。(その時まで、マーケティングという言葉さえ知りませんでした)

そんな、初心者の私が今では、営業活動はほとんどせずに、もちろん訪問もせずに、
坪単価50万円から65万円の注文住宅を受注する方法を確立することができました。

いまでは、私一人で2ヶ月に1棟、年間6棟の受注を得ています。
(来年度はたぶん10棟は受注できるでしょう)

実は、訪問営業も追客もせずに注文住宅を受注する方法はダイレクト・マーケティングを応用してお客をあつめるほかありません。

ダイレクトマーケティングとは、わかりやすく説明すると、よく夜中にテレビをつけると外国人が大げさにやっている通販とよく似た手法だと思ってください。

通販で家を売るわけではありませんが、

直接、顧客ターゲットにメッセージを伝え、そして、反応(行動)してもらう、というシンプルなものです。

たとえば、私の会社なら、無垢材や自然素材を使った住宅に興味のある人に、特定のメッセージを投げかけ、電話、ファックス、メール、ホームページから直接問合せをしてもらうそんなイメージです。

お客さんの方から、「あなたの会社に興味があります」と言って直接、問い合わせが来るのです。

あなたは、疑うかもしれませんが・・・

続きの内容も読む

スポンサーサイト
  1. 2007/02/03(土) 20:46:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

競馬で経済的独立

ここ数年で市場が爆発的に拡大している情報起業も、
この「情報」に価値があることに人々が気付き始めたからなのです。


つまり、ビジネスの世界でもその情報を知っているだけで、
得をするということは日常茶飯事です。
いかに他人よりもその情報を入手し、活用するか。

それに掛かってます。
1日、1時間、その情報を手に入れるのか早いか遅いかだけで、
億単位の損得が決まるのです。


例えばIPO予定株もそうですよね。

株式公開について他人よりも情報を早く入手することができれば、
その株を一足先に購入し一儲けする、
といったことができるのです。


競馬はビジネスです。

決してギャンブルではありません。


あなたは「株」はどちらだと思いますか?


中には、株はギャンブルだという人もいるかもしれません。

しかしそれは何の調査もせず、
行き当たりばったりで投機的に株を買う人がそう思うだけで、
しっかりとした調査、裏付けのもとに、
投資対象として株をかうのであれば、それは立派なビジネスなのです。

競馬によるビジネスを始めることによって、収入が増大しました。


2年目には会社から貰っている年収の倍以上を競馬で稼ぐことができたのです。


しばらくは週末の副業として競馬をやっていましたが、
結局2年前に会社を辞めてしまいました。
もともとが生活のために働いていた仕事で、
正直やりがいとかとは無縁の仕事でしたので、退職したときは清々しました。

続きを読む

  1. 2007/02/03(土) 18:03:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

2006年、投資競馬業界に一大旋風を巻き起こした「投資競馬実践会」より。競馬「だけ」で年間2,000万を稼ぎ出す!女流投資競馬コンサルタントの投資競馬資産運用法2007

まず、従来の「予想をする」というスタイル、競馬予想。これは株と一緒で、
相当な専門知識や経験があり、そして嗅覚、勘などがずば抜けていない限り、
「長期的にはまず勝てません」 残念ながらそのように出来ていますから・・・

よって結果の予想は一切しないということでお話をします。
競馬を投資対象にするのは、100%機械的に買うことが条件です。

では、どのように競馬を投資として使っていくのか?
ということですが、「統計論」といったものを使います。
実は、投資競馬と統計論は切っても切れない関係なのです。

よく統計論の例えにされることですが、たとえばサイコロを振るような
場合、それぞれの目が出る確率は、振る回数を多くすればするほど、
6分の1に近づく。といったものがあります。

つまり、サイコロを10回転がしても均等にはでませんが、1万回振れば、
1から6までの目がほぼ均等に出る。という宇宙の不変の法則です。

実は、統計から競馬の出目もきわめてその法則に近いという
ことが、現時点でもうすでに分かっているのです。

それはなぜか?それを解明することはまず不可能でしょうし、知る必要も
ありません。我々の目的はあくまで確実に「勝ち組」に入ることですから、
専門的なことは統計論の学者にでも任せておけばいいでしょう。

重要なことは、過去の何十年といったデータより、そういった数値が
現実に出ているという動かしようの無い事実です。
(例:1番人気が勝つパーセンテージは毎年ほぼ一定ですし、馬連2番人気が
出現するパーセンテージも、年間を通すと、ほぼ決まった割合で落ち着く)

そういった不変のデータが出ている以上、それを上手に利用することで、
確実に競馬は投資対象として成り立つという事なのです。


やり方次第で、株などの投資よりはるかに高い利益率を出すことが
実際に出来るのです。

上記でご紹介した表を見ればそれは明らかですよね。

そして、競馬を投資対象にするもっとも特筆すべき点は、専門的な知識が
必要なく、どなたでも、明日からでも実行可能という点です。

全く競馬を知らない方でも、ただ単に買い方さえわかれば、
すぐにできてしまう。つまり、参入障壁がとても低いのです。

さらには、今までの過去何十年ものデータからの不変の法則から投資
しますので、それらのデータが突然変わることはまず考えられません。

よって、多くの一般的な投資のように、時代によって
戦略や戦術を変える必要もありません。

一度覚えてしまえば、後はワンパターンで済んでしまうということです。

続きを読む

  1. 2007/02/03(土) 15:19:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

中学受験~大学受験の勉強法

全国偏差値75.2

自分のお子さんがこんな偏差値を手にすることができると思いますか?

答えは「イエス」です。
私は、あなたのお子さんの“偏差値を急激に上げる”自信があります。


どうやって、いとも簡単に偏差値を上げ志望校に合格したのか?
どんな方法で、ほんのわずかな期間で偏差値を急上昇させたのか?

あなたは、その秘密を知りたいとは思いませんか??


「いや、そんな秘密なんかあるわけがない!!」
そう思われるのでしたら、このページを閉じてもらって構いません。


ただ・・・
次のことを知ったら閉じられなくなるかも知れません。


正直に告白します!!

実は、冒頭の模試を受ける60日までは、
偏差値30、40しか取れないへっぽこ受験生でした。

実は、
「偏差値を上げることは簡単だ!!」
「志望校に合格するのは簡単だ!!」
「成績を上げるのは簡単だ!!」

この3つのことは、誰にでも、どんな子にも簡単にできることを
あなたに知っていただきたかったのです。

続きを読む

  1. 2007/02/03(土) 12:36:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。